よるみる

キャッスレス時代だからこそ実現できるサービスを充実させて欲しい。

キャッシュレス時代の拡大成長期

ここ数ヶ月で、PayPayのキャンペーンやLINE Payのキャンペーンなどがあり、一気にキャッシュレスを使う人が増えた印象があります。

個人的ですが、最近、キャッシュレスや個人データの取り扱い(PDSや情報銀行)に関するお仕事をすることが増えてきました。拡大成長期も後半戦に突入うでしょうか?そろそろ、標準化されて一気に推し進める頃合いになったのかなと感じることもあります。

私自身は、IDとLINE Pay、Suicaでほとんどの支払いをしています(ちなみに電車はPASMO)。現金を使うのはラーメン屋くらいです。(割と真剣になぜラーメン屋は高そうな券売機を導入するのにキャッシュレスには手を出さないのでしょうか?)

キャッシュレスの普及には様々な要因があるとは思いますが、結果的に現金を使わずに決済ができるようになる店舗等が増えるわけです。

決済は全て電子的に行われ、即時あるいは後日支払いが行われます。この時に数%の手数料が運営会社に支払われたりするわけです。

QRコード決済の仕組みが普及してからは、電子決済の導入の敷居が一気に低くなっていると思います。PayPayで言えば、店舗毎のQRコードを設置すればそれを読み込むだけで決済ができるようになってしまうわけです。店舗側としてはQRコードを設置するだけで、電子決済の仕組みを手に入れることができるようになっています。

キャッシュレス決済を導入しない店舗は経営努力を怠っている

かなり、電子決済の敷居が下がっているわけで、多くの店舗がキャッシュレス決済を導入しているわけですが、なぜだか、導入に後ろ向きな経営者がいます。

そんな経営者は、「めんどくさい」、「よくわからない」、「時間がない」などという理由から導入を見送っているのでしょうか?

私の個人的な意見にはなりますが、財布すら持ち歩かない私はこのような店舗は利用することはできないですし、もう少しいうと利用したくないと思います。

いい商品や美味しい食事を提供しているのかもしれませんが、経営が行き届いていない、あるいは経営努力を怠っていると言いたいです。

キャッシュレスを導入していない=経営努力を怠っている。と言い切るのは自分でもどうかと思いますが、一消費者としては、その判断は妥当なのではないかと思ってしまいます。

これからの時代に対応していく気がない、今まで通ってくれているお客さんだけで大丈夫、デジタルなんて信用しない、そんな風に私からは見えています。

日本的な考えですが、決済はお店側が提供するサービスの一つだと思います。その決済に現金が必要になり、いちいちカバンの奥底から財布を取り出し、現金を数えて支払いをするorさせるというのはこれからの時代如何なものかと思います。

キャッシュレス時代に欲しいサービス

さて、決済とサービスについてのお話です。

いま、クレジットカード決済や交通系ICを始め、QR決済やプリペイドしはらないなど、多くの決済サービスが出始めています。

消費者としては、多くのサービスがあり、どれを使えばいいか?、どれがお得か?などなど、頭を抱えてしまいます。

では、一つに統一してしまえばいいじゃないか!という話になると思いますが、企業側はそうなっては欲しくありません。

ここは、各社の競争する場所で、購買データ取得合戦とでも言えるかもしれません。より良いサービスを作るために私も個人としては是非とも競争して欲しい分野です。

一方で一消費者として考えると、とにかくお得で簡単に決済できるものを使いたいと思うものです。消費者としては、自分の買ったものや食べたもの利用した交通機関が利用した瞬間に家計簿アプリに書き込まれ、それを確認できるようにして欲しいと思うでしょう。そのためには、ある程度、決済基盤を共通化していく必要があるとは思います。

情報銀行やPDS(Personal Data Store)などのサービスが始まろうとしていますが、これらのサービスと連携をしてそれぞれの決済が自分の情報銀行口座に統合されデータが綺麗に整形してくれれば解決するので、この部分は是非とも早急に進めていただきたいです。

最後に本題ですが、キャッシュレス時代に欲しいサービスについてです。

日本人的な感覚ですと、キャッシュレスは満足感が少ない、使った金額の感覚がわからず多く使ってしまうなどという声が多く上がってきます。これは、はっきり言って電子決済の提供業者のUX設計のミスだと私は言えると思います。

キャッシュレスで今まで気持ちの良いと感じていた満足感がなくなるのはUXとしては最低だと思います。

そこで、満足感が生まれるようなサービス、満足感を身体的に訴えてくれるデバイスの開発を行って欲しいと思います。

今後数十年は決済というものはなくならないと思います。であるならば、決済をエンターテインメントに、少しでもプレイフルな行為に昇華させていただきたいものです。

例えばANAやJALなどの航空系のマイルのように、チケットを購入するのだけれども、マイルがたまり、自分のランクが変化すると言ったものや、コンビニの利用回数が一定回数になるとクーポンや称号が与えられるなどのゲーミフィケーションなどです。もう少しいうと、それがそれぞれの決済サービスで独立せず、全ての決済で共通化sらえることを願います。

キャッシュレスが故にデータで管理しそのデータを遊びやエンターテインメントに活用し、少しでも自分たちの生活を楽しいものにしてもらいたいです。

最後に

キャシュレス決済が普及する中、色々と思うことはありますが、データで扱えるが故の楽しさを与えてくれるサービスを是非とも導入して欲しいです。

また、キャッシュレス決済を導入していない店舗は、置いていかれる前に導入すべきだと思います。笑。