よるみる

iPhone6sを4年使った私がiPhoneXsに乗り換えて気づいたこと

iPhone6sが発売されて、4年以上経ちました。そんな、4年間、毎日かなりヘビーに使っていたiPhone6sからiPhoneXsに乗り換えました。

iPhone6sからiPhoneXsになぜ乗り換えたのか

なぜ、iPhone6sからiPhoneXsに乗り換えたかですが、先日ビックサイトの企業展示を見に行った時に、iPhone6sのカメラを使ってパシャパシャ撮っていたところ、カメラの調子が悪くなり、ついには、再起動をしても起動しなくりました。4年も使ったので、バッテリーを変えてはいたもののバッテリーの持ちも悪く1日持つか持たないかという感じでした。

そんな要因があり、設定の変更や移行が面倒でiPhone6sから何にも乗り換えなかった私ですが、その日の夜にはApple StoreにiPhoneXsを買いに行きました。勢いというよりは必要だったから買ったという感じでした。

余談ですが、スマートホンを初めて購入するときは、購買意欲が高く、いろいろなものを比較したりワクワクしたりするものですが、スマホが普及してから数台目の機種変更になると、購買意欲はだんだんと落ちてきて、ワクワクしなくなります。決してどうでもよくなったわけではなく、知識もつき、冷静にものを見られるようになったということです。

iPhoneXsを選んだ理由

今回は、SIMフリーのiPhoneXs 64GBのシルバーをApple Storeに行き購入しました。iPhoneXとXsの違いはプロセッサやカメラが主に進化したというところです。カメラ性能とプロセッサの向上をAppleのKeynoteで見ていて感動はしていたので、サイズが一番近いiPhoneXsを選びました。

iPhone XrはApple Storeで見てみましたが、特に欲しい色もなく、ディスプレイの違いからiPhoneXrはXsに比べてディスプレイと本体の縁(ベゼル)がとても太いのがどうしても気になりました。またサイズもiPhoneXsよりも一回り大きかったため、大きいから無しだなと感じました。

iPhone Xs iPhone 6s

iPhoneXsに変えて気づいたこと

まず思ったのが、「あ、重い」でした。iPhone6sは143gです。それに対してiPhoneXsは177gと30gほど違います。ちなみにiPhone Xs Maxは208gです。

30gも違いがやはりずっしりときました。毎日使っていたものが30g近く変わるとやはり違和感がすごかったです。また、サイズもiPhone6sよりも一回り大きいため、左上が遠いなと感じました。割と日常的に通知センターとウィジェットを使う使い方をしているため、iPhoneXsの左上から下げて呼び出す通知センターとウィジェットが使いづらいのは致命的でした。

カメラに関してはまた後日記事にしようと思いますがやはり綺麗でした。特にポートレートモードは使っていて楽しいです。

FaceIDですが4年間ずっとTouchIDを使っていた身としてはなれるのだろうか?とかなり疑問でしたが、すぐに慣れました。最初はうまく認識しないことが多かったのですが、メガネをかけている時とコンタクトをしている時両方を登録したらかなり精度があがり、快適に使えました。

また、iPhone6sでは使用できなかったApple Payが使えるようになりました。今まではApple WatchでApple Payを使用していましたがFaceIDでさっと認証できるのは大変便利です。Apple Watchだと手首を前に出す必要があるのでコンビニによっては使いづらいお店も多かったので、移行できてよかったです。最近は、通知を全く気にしない生活を送っているので、Apple Watchは引退させてもいいかなと感じていたりします。

iPhone Xs iPhone 6s

最後に

iPhone6sからiPhoneXsに変えて感じたをことを書いてみました。まだ1週間ほどしか使っていませんが、重さやサイズ以外は大変満足しています。完成度が高くなり、驚きが好くなったiPhoneですが、その分安心がありとても使いやすいと思っております。UXもブラッシュアップが進み、使いやすいと感じる部分が大変多いです。もし、iPhone6系から買い替えを県としている方がいたら参考になれば嬉しいです。