よるみる

初めてイラストレーターに似顔絵アイコンを書いてもらいました

初めて、イラストレーターに似顔絵アイコンをオーダーして、書いてもらいました。初めてでいろいろわからないことが多かったのですが、無事に納品をしていただきました。

なぜ似顔絵アイコンをオーダーしたのか

このWebサイトを作るときに、自分の中の全体のイメージがあり、そのイメージに沿った顔のアイコンが欲しいと思っていました。

Webサイトのロゴをアイコンにしてもよかったのですが、今回は文字をロゴにしようと思っていたので、せっかくなら顔のアイコンを作ろうと思いました。

顔のほうがイメージが沸くかなと思いました。また、多くのブロガーが自分のプロフィールとともにアイコンを載せているので、憧れもありました。

私の中のイメージ

  • 落ち着いている感じ
  • 細い線のタッチ
  • 青色系の色に合わせたい
  • 自分の顔の面影や性格が入っていればいい

こんな感じでイメージは決まっていました。

そこで、自分の中のイメージを再現するにはと考え、自分のことを知っている人に変えてもらうのが、一番早いのではないかと思い、友人をあたることにしました。

幸いなことに、私の大学院には、イラストレーター上がりの方が数人いるので、その方に頼もうと思いました。

オーダーする際に気を付けたこと

私にとってオーダーした友人はとても信用できたので、少し緩くはなりましたが、納期と料金は最初に決めました。この時、見積書をイラストレーターの方に作ってもらうのが安全です。

私の場合は、いくつかのヒアリングがあったので、回答しました。

  • 画像サイズや解像度はどれくらいにするか?
  • 納期はいつか?
  • もとになる写真などはあるか?

このほかに、自分の中のイメージに合った画像やイラストを送りました。最初のラフを見せていただいたときに大変イメージに合っていたので、ここは妥協することなくなるべく詳細にイメージを相手のイラストレータに伝えることが重要だと感じました。

私の場合は、データ納品をメールベースでしてもらいました。この時、納品書や請求書を用意しておくと、スムーズなやり取りになると思います。

今回、私は、なるべく相手に伝わること、友人ということもあるので、なるべく今後もよい関係が築けるように努力をしました。

似顔絵アイコンを作ってみて

今回、初めてイラストレーターの方にアイコンを書いていただいたことは非常に良い経験でした。どのようなところが気になるのかがわかると今後オーダーするときにも役に立つなと思いました。

アイコンを作ってみて、私は大変満足しました。アイコンはインターネットの顔というような見方もできますので、自分にとって満足なものを作ることが大事だと思います。

ロゴマーク等の場合はまた少し勝手が違ってくるとは思いますが、興味のある方はぜひ使ってみてください。

先日、フリーランスの案件でWEBサイトを作成することになったのですが、ロゴの作成はCroudWorksで行いました。短時間で良質なデザインのものが集まり、そこから選ぶことができました。もしアイコンを作りたい方や、フリーランスとして作りたい方は、使ってみるとよいかもしれませんね。