よるみる

ポケモンの新作アプリ「Pokemon SleeP(ポケモンスリープ)」に未来を感じた。

睡眠をエンターテインメント化するPokemon SleeP(ポケモンスリープ)

2019年5月29日の午前10時から株式会社ポケモンが、ポケモン事業戦略発表会を行いました。その中で、アナウンスされたのが、「ポケモンスリープ」です。

ポケモンスリープでは、睡眠をテーマにしたエンターテインメントサービスになるとのことで、詳細な内容は語られませんでした。

ポケモンGOでは、歩くという人間の基本動作をテーマにしていましたが、ポケモンスリープでは人生の多くの時間を費やす睡眠がテーマです。

ポケモンGOのリリースにより、今までに行ったことのない所に行ってみたり、これまで以上に歩く距離が長くなったという人も少なくないはずです。

ポケモンスリープのリリースにより、私たちの生活はどのように変わっていくのかが非常に楽しみです。多くの人の睡眠に対する考え方の変化や、睡眠への楽しさ、起きることの苦しさの解決につながることを期待しています。

ポケモンスリープから感じるポケモンの本気

ゲームボーイから始まった、ポケモンですが、ポケモンの世界観というのは、世界中のポケモントレーナーを魅了しています。多くのポケモントレーナーがポケモンを育てながら旅をし、ゲーム機本体が変わっても同じポケモンと旅ができるという一貫したポケモンのコンセプトや世界観が多くのファンを飽きさせない理由の一つでしょう。

そんなポケモンですが、ゲームの世界だけに留まらず私たちの住む現実世界にもポケモンワールドを広げてくれています。

実店舗としてポケモンセンターという名前をつけたポケモンの商品を取り扱っているストアもオープンし、ファンを魅了していますし、もちろんポケモンGOは世界中のリアルな世界をポケモンが溢れるフィールドに変えてしまいました。

ポケモンは、現実世界とゲーム内の仮想世界の壁を感じさせないような世界を目指していることでしょう。

そんな中、発表されたポケモンスリープは私たちの生活に欠かせない睡眠の領域にもポケモンを進出させようとしていますし、きっと実現してくれることでしょう。

VRやARが身体性に対して影響を与え始めている中、より良い影響を与えるためにはより多くのデータが必要になってくるのではないかと感じています。ポケモンスリープといエンターテインメントからどのように睡眠のデータを扱い、活用し、どのように身体性に訴えかけてくるのかが楽しみです。

現状では、Appleを始めとする大手企業は、ヘルスケア分野に参入を始めていますが、計測を行いデータを管理するという部分で止まっているように思ってしまいます。

一方でポケモンGOではポケモンのために歩く、ポケモンと共に歩くというゲーミフィケーションと常に隣り合わせの状況を生み出し、エンターテインメントという文脈からポケモントレーナーを動かすことに成功しています。これと同様にポケモンスリープでは、ポケモンと共に寝るという感覚から寝ること、特に睡眠不足の人へ少なからず影響を与え、行動変容を起こすことが可能になるでしょう。

ヘルスケアなどに活用が期待される情報銀行などへの期待も高まりますし、健康サポートには自分の育てたポケモンにしてもらいたいなと私は思います。

生活の中にポケモンが溶け込みつつある今、ポケモンと一緒なら自分の生活をより豊かに変えることができるようになるかもしれません。

自分の育てたポケモンがゲーム機やスマートフォンから飛び出し、VRやAR、スマートスピーカーなどから私たちと一緒に生活する未来を一人のポケモントレーナーとして、是非実現してもらいたいですね。

最後に

ポケモンスリープの登場により、私たちポケモントレーナーの生活はより豊かに、質が向上するかもしれません。

技術の進歩によりポケモンが私たちと同じ現実世界に浸透し、一緒に生活をできるようになりつつある今、ワクワクが止まりません。