よるみる

耳に吸い付くイヤーピースSednaEarfit XELASTEC

耳に吸い付く素材でできたイヤーピースが気になりすぎたので買ってしまいました。

SednaEarfit XELASTEC

AZLAは韓国初のイヤホンブランドでデザイン性に優れたイヤホンが特徴で、私もデザインが好きでAZLA ORTAを所持しています。そんなAZLAから発売されているイヤーピース(イヤーチップ)に「SednaEarfit」シリーズがあります。

最近では、イヤーピースメーカーも増え、サイズも多くの種類が発売されるようになってきて、自分の耳にあったイヤーピースを選べるようになってきました。そんな中、新しくAZLAより発売されたイヤーピースが「SednaEarfit XELASTEC」です。「吸い付くような最高のフィット感」というとても気になるキャッチフレーズで話題になっていました。

XELASTECの最大の特徴は、体温など熱を加えると形状変化する素材であるTPE(サーモプラスチックエラストマー)を採用しており、耳にフィットするというところです。サイズ展開もSS、S、MS、M、ML、Lと6段階で充実しています。

私もSNSで見てしまいほしいなと思いネット通販を見ると、すでに売り切れていて、話題であることがよくわかりました。そこで、秋葉原に行く予定があったのでダメ元でeイヤホンについでに寄ってあったら購入しようと思ったところ在庫があったので早速購入してみました。

SednaEarfit XELASTECを開封

SednaEarfit XELASTEC レビュー

普段、私はMサイズの周辺を使っているので、MS、M、MLサイズが各1ペア、計3ペア入ったものを購入しました。

SednaEarfit XELASTEC レビュー

軸部分の内径は3.6mmで、多くのイヤホンに取り付けることができるようです。気になる方は、eイヤホンのような店舗で装着してみるといいと思います。

SednaEarfit XELASTEC レビュー

色は、透明感のあるグレーで、主張するような色ではないかと思います。

装着&聞いてみた

今回購入した理由の一つがゼナハイザーのIE40 PROのイヤーピースが耳に合わず、色々と試していたためでもあります。XELASTECを購入するまでは、finalのシリコンイヤーピース TYPE Eを装着して使っていました。TYPE E自体は大きな問題はなかったのですが、遮音性に少しかけるなと思っていました。

SednaEarfit XELASTEC レビュー

上の写真は、IE40 PROにfinalのイヤーピースを取り付けたものです。

SednaEarfit XELASTEC レビュー

それに対して、上の写真はIE40 PROにXELASTECを取り付けた状態です。装着できない、硬くて無理をしないと刺さらないということもなく、問題なく装着をすることができました。個人的ですが、IE40 PROがクリアのデザインなので、いい感じにマッチしていると思っています。

装着してみて早速数時間聞いてみました。

まず、装着感についてですが、普段MサイズかMSサイズのイヤーピースをついけているので、まずはMサイズをつけてみました。Shure掛けするイヤホンは装着時に顔の前側から後ろの方に向かってねじるように装着をしているのですが、イヤーピースの素材が肌に張り付きやすい素材の影響かうまくイヤーピースが滑らず装着が難しい印象を覚えました。また、グリグリと装着してからポジションを調整するのですが、それも滑らずにうまくできませんでした。ですので、ある程度当たりをつけ挿入して上げる必要がありそうです。

滑りづらい影響はサイズにも影響を与えるのか、私の場合はMサイズではうまく装着できていない感覚になったのでワンサイズダウンしてMSサイズをつけることで落ち着きました。SNSでもちらほらそのような発言を目にしたので、普段のサイズからワンサイズ落として使うのがいいのかもしれません。

一方、一度装着して、少し待つと、SNSで話題になったこともあり、体温で形状がフィットするのがわかります。一曲ほど聞いていればいい感じに安定をしてくれます。フィットするとズレないので移動中や頭を動かす人などにもいいかと思います。

音質についてですが、耳に吸い付く影響から、遮音性がかなり改善しました。遮音性が高くなったことが影響していると考えられますが、解像感が上がるのを感じられました。また、中低音からボーカル域のボリューム感がましているので、ボーカル系、特にJ-POPなどには合うと思います。

最後に

イヤーピースとしては少し高額で、装着や、自分にあうサイズを見つけるのが難しいかもしれませんが、フィット感がよく、ズレもしないので、試してみるといいかもしれません。特に、ボーカル曲を聞く人におすすめなイヤーピースです。