よるみる

Peak Design Everyday Backpack v2を購入・ファーストインプレッション

僕はPeak Designが大好きだ。

Peak Design Everyday Backpack V2

Peak Designのカメラアタッチメントを付けている人が増えてきていると感じますが、私もその一人です。はい。完全にPeak Designの虜になってしまいました。

特にアンカーリンクのシステムは最高で、非常に簡単にストラップなどを着脱できるのが大変魅力的です。

さて、今回は、そんなカメラ関連のアタッチメントやバッグなどを作っているPeak Designのバックパックを購入したというお話です。

Everyday Backpackはカメラ機材を持ち歩く人には有名な製品だと思いますが、予てより機会があったらほしいなと思っていました。知人に3人ほどEveryday Backpackユーザーがいて実際に触らせてもらって、いつか買うんだと決めていました。

11月末は世の中はBlack Fridayで多くのブランドやECサイトがセールをやっていますが、そこに合わせてきたであろうPeak Designが新しい製品を発表しました。

発表内容は、Peak DesignのEveryday Bagsという製品群で、毎日使うようのバッグを集めたシリーズです。このEveryday BagというシリーズがすべてアップデートされV2(バージョン2)になりました。

そこで、前々からほしいと思っていたEveryday BackpackもV2にアップデートされたのでいい機会だから買っちゃおうということで購入しました。ちなみにEveryday Backpack V2は20Lと30Lの容量があります。

Everyday Backpack V2のファーストインプレッション

11月25日に注文して、香港からの発送でした。12月1日に到着という感じでした。本体20Lのモデルは28,800円で送料が2,757円でした。

初代のEveryday Backpackを持っていないので比較はできませんが、V2は正面で比較をすると、上部の蓋の部分のデザインが異なります。

Peak Design Everyday Backpack V2 正面

横から見ると、こんな感じで、サイドには持ち手とボトルホルダーのようなスペースがあります。ここは、三脚も収納することができます。

Everyday Backpackはいたるところにフックが付いており、このフックを利用することで、三脚を固定したり、ヨガマットを固定したりと言うような用途に使うことができます。

Peak Design Everyday Backpack V2 横

Peak Designはカメラ系の製品を出していることもあって、非常に考えられた設計になっています。サイドを開けることができ、メインのスペースに悪世することができます。メインスペースには仕切りがあり、仕切りを折り曲げることで、機材スペースを区切ることができます。もちろん、外すこともでき、好みのスペースに変更することができます。サイドにも多くのポケットが付いており、細かく入れることができます。

Peak Design Everyday Backpack V2 中

更に、背中の部分に別ポケットが有りここには、15インチのPCを収納することができるスペースがあります。ベルクロの位置を変えることで、深すぎるスペースを13インチに変更することができます。

また、同じスペースにはタブレット用のポケットもあります。写真を撮ろうと思おったのですが、まだ固く、うまく取れませんでした。さらに、浅いポケットが付いており、スマホや、財布、モバイルバッテリーなどの小物を入れるスペースもあります。

Everyday Backpack V2には付属でアンカーリンクのセットが1つついています。ゴム製の紐でループを作ってサイドの取っ手部分につけることができますが、これは鍵などを取り付けることが想定されています。

Peak Design Everyday Backpack V2 キー

非常に機能の多いEveryday Backpack V2で、まだまだ、使い方が慣れていないためか、使い方がよくわからない部分があります。もう少し長い期間使ってみていろいろと試してみたいです。

いま現状では、持ち運びたい機材を今までよりも効率的に運べているので、整理が楽になりました。まだ、2日しか使っていないので、まだまだなんとも言えないですが、現状では非常に良い買い物をしたなと思っております。

最後に

今はまだ、日本よりもPeak Designのサイトから直接購入することが入手性は良いかと思います。

機材を毎日運んだりするような興味がある人は検討してみてはいかがでしょうか?