よるみる

a7Cで竹芝からタイムラプスを撮影してみた

いい感じのタイムラプス動画が撮れそうなところに遊びに行ったのでα7Cで撮影してみた。

タイムラプス動画の設定とカメラ構成

今回撮影は日没数十分前から日没後数十分のゴールデンアワー辺りを狙ってみようと思う。

カメラはSONYのα7で、レンズはSEL24F28G(24mm F2.8の単焦点Gレンズ)の構成で挑んでみた。

α7Cにはカメラの機能でインターバル撮影ができるのでこれを使用した。

設定は、インターバルを15秒としてた。

日が暮れるにつれて、シャッタースピードを長くし車両などの光の線を出したいと思ったので、絞り優先モードを選択した。

全体にピントを合わせたいと思いF8に設定し、ISO感度は少しあげて500にした。

タイムラプスでは最終的に動画として書き出したいので、撮影のアスペクト比をカメラ側で16:9に設定して撮影を行なった。

FULL HD、24pで20秒程度の動画を最終的に作りたいと思ったので、420枚程度の撮影でインターバル設定を行った。

撮影した静止画

撮影自体はRAWで行い、少しだけ色味の修正を行って、画像を書き出した。

α7Cタイムラプス
SONY α7C / SEL24F28G

日没前の一枚目は、手前の浜離宮恩賜庭園の緑もしっかりと写っている。

α7Cタイムラプス
SONY α7C / SEL24F28G

最後のカットの420枚目は日没後で灯りのない浜離宮恩賜庭園は暗いが、築地市場後にはオリンピック関係と思われるバス群が見える。

完成した動画

撮影を無事に終え、全体の色味を調整を行ったら、Adobe Premiere Proに画像を読み込み書き出してみた。

船の光の動きや車の動きが暗くなるにつれて見えていくのが面白い。

もう撮影間隔を落として、枚数を増やしても良かったのかもしれないと動画撮影をして思った。

最後に

いいタイミングに恵まれたので、竹芝から築地方面、スカイツリーの方向をタイムラプスで撮影してみた。

α7Cのインターバルの機能であれば簡単に撮影ができるということもわかったので機会を見て色々なタイムラプスに挑戦してみたい。

長回しするとバッテリーやSDカードが少し不安になのでそこだけは注意して撮影をしてみてはいかがでしょうか?