よるみる

アルカスイス互換な持ち歩きやすい安価なミニ三脚が良い感じ

なんだかんだあると便利なミニ三脚。毎日、鞄の中に入れて持ち歩きたい。

XILETUのミニ三脚を開封

XILETUという中国?のメーカーのミニコンパクト三脚を購入してみました。価格は3000円ほどと、かなりの低価格で、アルカスイス互換です。

本体は300g弱で、対荷重2.5Kgというアルミ製の三脚です。持ち運びに便利なケースがついていました。

XILETU ミニコンパクト三脚

雲台と三脚のセットで、雲台はもちろん取り外すことが可能で、1/4インチネジを採用しているので、一般的な雲台とも付け替えることができます。

XILETU ミニコンパクト三脚

雲台は、ボールヘッドの雲台で、アルカスイス互換です。

XILETU ミニコンパクト三脚

アルカスイスに対応しており、とてもコンパクトな雲台なので、他のミニ三脚の付け替えにも良さそうです。

ただ、水準器はプレートを取り付けてしまうとみられなくなるのが残念なところです。

写真の左側のプラスとマイナスのメモリがふられたレバーを動かすことで、ボールヘッドの固定の重さが変わります。

XILETU ミニコンパクト三脚

横から見るとこんな感じ。

XILETU ミニコンパクト三脚

外観

ミニ三脚ということで、一段の三脚で、足が開くだけというシンプルな設計です。

非常にシンプルですが、ガッチリと安定感のある作りです。

各足は85度まで開くことができます。それぞれの足には、1/4インチのねじ穴があるので、ライト用のパーツなどもつけることができます。

XILETU ミニコンパクト三脚

足を開くのには少し力が入りますが、付属の六角レンチで硬さを変更することができます。

XILETU ミニコンパクト三脚

ある程度の固さに占めることで、途中で止めることもできます。

XILETU ミニコンパクト三脚

上から見ると、こんな感じ。

XILETU ミニコンパクト三脚

それぞれの足には、ベルトを通す穴もあります。付属するベルクロがついたベルトを通すことで、いろいろなものに三脚を固定できます。

実際にカメラに乗っけてみた

EOS RPとRF35mm F1.8を載せてみました。RPは約485g、RF35mmは役305gで、合わせて、800g弱の組み合わせです。

全く問題なく、立てることができました。

少し足を戻して、背を高くしてみましたが、こちらも、何の問題もなく立てることができました。

最後に

コンパクトな中華製のXILETUのミニコンパクト三脚を購入しました。

価格に対して想像以上に頑丈な作りでした。自撮り用の棒などとしても使えるのではないかなと思いました。

アルカスイス互換なので、他の三脚の雲台を流用できるのは非常に便利です。(ただし、あくまで互換なので、しっかりと固定できるかは安全管理面も含めチェックが必要です。)

かなりコストパフォーマンスも良く、ちょっとした出張や旅行にも持っていけそうです。