よるみる

宮古サンセットビーチで星空を撮影

宮古サンセットビーチから眺める星空は綺麗でした。

宮古島で星を見たい

宮古島と言ったら、きれいな海、ダイビング、泡盛、お通りなどなどたくさんの楽しみがあると思います。そんな宮古島は星空もきれいで、タイミングを合わせればきれいな天の川も見ることができます。

今回、宮古島は日中はお仕事だったので夜中に抜け出し、歩ける範囲で星を見てきました。

宮古島だと、西側にある中心街を外せばある程度暗く、星を観測することができるようです。大きな伊良部大橋を渡った伊良部島でも多くの場所で見られそうです。

今回私は、車を借りていなかったので、宿泊していた中心街から歩いて行ける範囲で星を見に行こうと思いました。

今回私が行ったのは、宮古サンセットビーチという伊良部大橋が一望でき、さらにサンセットがとてもきれいという場所に行ってきました。

飲み屋通りのある西里大通りから40分ほど歩いたところにあるので、歩けない距離ではないかと思います。

宮古サンセットビーチに行くまでには長い直線の道があるのですが、ここは深夜5時までは街灯が付いておらず大変真っ暗でした。そのため懐中電灯などを持っていくといいと思います。

宮古サンセットビーチで撮影してみた

撮影したのは2019年11月10日の午前4時台です。この日は、十三月で満月の二日前ということもあり、大変明るかったです。月の入りが3時50分ごろだったので、きれいな月が沈むのを待ちながら天体観測をしていました。

月が出ていても明るい星は見えており、すぐにオリオン座を見つけることができました。

星が沈むのをまち、手持ちの機材で撮影をしました。

今回持っていった機材は、EOS RP、RF35mm F1.8、XILETUのミニ三脚です。撮影する気があまりなかったので、天体撮影用に大きな三脚やレリーズなどをもっていかなかったのでかなり後悔です。

撮った写真です。

宮古サンセットビーチ 星

EOS RP 35mm F1.8 ISO 6400 10秒

宮古島と伊良部大橋にかかる大きな橋は、車専用で人が歩くことが想定されていなかったそうで、もともとは海洋生物への影響を考え大きな街灯はついていなかったようです。ですが、大橋ができた後、酔った人が橋に歩いては言ってしまい大変危険ということでやむを得ず街灯を付けたようです。

暗くてあまり見ることができないちょうこくぐ座を見ることができました。

宮古サンセットビーチ 星

EOS RP 35mm F1.8 ISO 800 20秒

宮古サンセットビーチの入り口には、大きなゲートがありました。

宮古サンセットビーチ 星

EOS RP 35mm F1.8 ISO 800 20秒

宮古サンセットビーチに向かって歩いていくと2体のシーサーが迎え入れてくれます。真っ暗な中、この二体を目にするとちょっと不気味さを感じてしまいます。

5時ごろになると、今まで一つもついていなかった街灯が一気に点灯しました。写真はちょうど街灯が付いたタイミングでシャッターを切ったため、シーサーが明るく映っています。

最後に

短い旅程の中、星を見に宮古サンセットビーチまで歩いていきました。

出発時は薄雲がかかっていて見られないかなーと思っていましたが、雲の動きが早くサーッと雲がなくなったタイミングで観測することができました。

宮古島はお仕事の関係であまり見て回ることができなかったので、次回はぜひともきれいな海を見たり、もっと暗い所まで行ってしっかりとした機材で撮影をしたいなと思いました。